使い過ぎないコツ

クレジットカードで、使い過ぎたぁー!って焦る時って、どんな時でしょう?

予想外に高い請求が届いた時じゃないですか?

つまり、請求金額が想定内だったら大丈夫ってこと。

クレジットカードの請求は、JCBカードだったら15日〆の翌月10日支払いですし、Cedyna(セディナ)のように月末〆の翌月27日支払いだったり。

カード会社によって支払い日はいろいろです。

でも、共通して言えることは、〆日からは1ヶ月近い日数がかかるということ。

ってことは、もしカードの〆日直後に使ったら、その支払いは約2ヶ月も後ということになってしまうんです。

使った金額を2ヶ月も、覚えてられないかもしれない。

これが忘れてしまったら、明細を見て驚くことになっちゃうんですよね。

なので、カードを使用したら、お客様控えの管理をお忘れなく!

最低でも、明細が届くまでは残しておくべきだと思いますよ。

私は、各月ごとのお客様控えをクリップでまとめて保管してます。

で、その控えの束の一番上に、各金額を書いたメモを一緒に留めてるんです。

こうすることで、カード控えを保管&メモに金額を記入する度に、大体の使用金額をチェックすることができるんです。

本当はメモには総計を書いておくと良いかなと思うんですが、無くても大体は把握できるかと思いますよ。

また、クレジットカードで払うものと現金で支払うものと、大まかなルールを決めておくことをオススメします。

例えば、ガソリン代と洋服代はカードで、レストランでの食事は現金で、なんていう風に。

ルールを決めておくことで、「現金で払ったと思ってたのに、カードで支払ってたぁ・・・」なんていうことは少なくなると思うんです。

2ヶ月近く前のことだと、どうしても記憶が・・・という人には特にオススメ。

細かい金額は覚えてなくても、買い物に行った回数、ガソリンを入れた回数くらいは覚えてるかもしれないですしね。

終わったと思ってた支払いが、実はまだだったなんてのは結構びっくりするものです。